昔の職人の心意気(インテリアデザイナー)

 
世界を舞台に活躍している、インテリアデザイナーさんとお話をしてきました。

リゾートホテルの
エントランスからフロント、客室までのトータルデザインなどを手がける方です。

その方のお仕事の魅力もさることながら
ある言葉が耳に残りました。


それは、

昔は「やりなおし」が当たり前だった!

と言う話です。


昔は図面も手書きで書きますので、
一本一本、線を引いて書いていきます。

そして、
完成すると師匠・上司のところにもって行きます。

師匠・上司はそれをみて、
赤いボールペンでダメダシをします。


もちろん
手書きの図面に赤いボールペンですから
いちから書き直しです。


書き直しをするのだけれど、
期日があるから徹夜になる事もあります。


書き直しが10回以上続くこともあります。


そうやって出来た図面をお客さんのところに持っていく。

だからこそ、
お客さんの要望を聞き入れて、
また新しい図面が作れるのだと言います。



現代の人は一回でうまくやろうとする。

だから、
お客さんが要望を言うと「面倒だな!」と先に考える。

これはお客さんに伝わるんですね。


10回以上、図面を書き直す無駄のような作業こそ
意味があります。



そして、
一流ホテルのデザインはそれこそ無駄が無い。

無駄がわかっている人だからこそ、
そういうデザインが出来るのだと感じました。



今はテストでよい成績が取れればよいと
結果を重視する世の中ですが、それを生み出す
過程が実は大事だと改めて感じました。


今後も
多くの生徒をこういう 自分の哲学 を持っている
人に合わせて、何がおきるのかみてみたいと思います。


精華学園町田学習センター長 椎名雄一












イナガキ治療院

 イナガキ治療院

稲垣先生にとって身体の症状とは?

稲垣: 一般的には怪我や捻挫をすると病院に行きます。
   病院ではレントゲンを撮ったり、血液検査をするなどして、
      現在の状況を調べます。
   ここでの検査は主に「化学的な検査」です。
   つまり、成分などがどうなっているかですが、
      どの骨が本来どの位置にあるべきか?
   どの腱がどのくらい引っ張られていたらちょうど良いのか?
   そういった診方はほとんどしてくれません。

   私たちは「物理学」に近い考え方で
   まず工学的に骨や腱などがどうなっていたらよいのかを調べます。

椎名: なるほど。「検査」と言ってもさまざまな切り口があるんですね。

稲垣: そうなんです。
   炎症が治まれば、化学的な症状は落ち着きますが、
   骨を支える肉体がゆがんだ状態のままというのが良くあります。
   ところで、、、椎名さん。心はどこにあると思いますか?

 

稲垣先生から見た心とは?

椎名: ・・・心!心を思うと自然に胸の辺りに手が行きますね。

稲垣: そもそも
   心の始まりは40億年前の単細胞生物アメーバに
      さかのぼれるそうです!

椎名: それは面白い見方ですね!

稲垣: アメーバーは細胞膜で「食べられるもの」「食べられないもの」を
       区別していました。
   「ああ、これは食べられるものだな」と分かると「良かった!」と
      嬉しくなります。
   それこそ心のはじまりじゃないかと思うんです。

椎名: では、脳がなくても単細胞がうれしいを感じると!

稲垣: そうなんです。
   そのアメーバーは集まって丸く大きくなり、
   凹むとくらげやイソギンチャクのような形になります。
   更に進化すると、ミミズのような管になります。
   消化管内側の細胞の壁も「良かった!」と感じるわけで、
   喜びを感じるようです。

椎名: すると人間の場合は?

稲垣: アメリカでこんな生体実験があったとNHKで放送されました。
   心肺を同時に移植された人の感情が、
      なぜか元の持ち主に似てきます。
   何例も、元の持ち主の感情が移植された人にあらわれたそうです。
   これは心臓だけ、肺だけを移植しても
      あまりはっきり起きなかったそうです。

   どうやら、
   心肺を一対にした形と反応様式には情動としての心が
      宿っていそうです。

椎名: それはとても面白いですね。
   科学的・学術的な見立てとは違う見方が現場では
      役に立つこともありそうですね。

稲垣: そうなんです。特に心に関しては科学的ではない事がよく起きる。
   まあ、
   解明されてしまったら生きている意味を
      感じなくなってしまうかもしれませんけれど。

椎名: それはそうですね。何で好きなのか?嫌いなのか?
   分からない方が楽しいともいえますね。

 

もし、稲垣先生のようになりたいと思ったら・・

椎名: もし、
    精華学園高等学校の生徒が稲垣先生のようになりたいと思ったらどうでしょう?

稲垣: 身体から人間の真実に近づいていくという意味ではこの仕事は面白いです。
   中国ではまだまだ新しい、治療法が発見されています。
   これは西洋医学的なものとは違うので、それを追求していくのは面白いこと
   だと思います。が、、、

椎名: が、、?

稲垣: 苦労も多いのは事実ですね。
   一言ではいえませんが、身体や癒しに関係する仕事以外の苦労もあります。
   一度見学に来ていただけたら、
   この仕事の「楽しい面」「大変な面」のお話ができると思います。

椎名: 確かに仕事には「大変な面」がついてきますよね。
   稲垣先生はこのお仕事を選んでよかったと思いますか?

稲垣: もちろんです。好きな人にとっては大変さよりも楽しさを強く感じますからね。

椎名: ありがとうございます。

稲垣: こちらこそ!

 
 

マナコフラワーアカデミー

 マナコフラワーアカデミー

フラワーデザインやいけばなの魅力とは?

椎名:創業から50年だそうですね。
   長い期間、フラワーデザインやいけばなのスクールを続けてこられたその魅力に
   ついて教えて下さい。

真子:花と言うのはそれだけでも癒されたり気持ちをほっとさせてくれる不思議な力が
   あります。そして、それをいけている時には誰でも無心になる事ができます。
   花を通して、季節を感じたり花を使って、美しい作品を作り上げていくひと時は
   心が癒される時間でもあります。

   特に女性にとって、花は癒しであるだけでなく、
   結婚とか出産などで生活環境が変わっても続けていけるものです。

   生活の中でもお花を楽しんだり、仕事としてお花を使ったり、
   そして、それを誰かに教える楽しみもあります。

   大事なのは「好き」な事が仕事になっていることだと思います。

椎名:好きな事が仕事になると一日中働いていても疲れませんよね。

真子:そう、私も1年の360日(?)教えていて、「先生よく疲れませんね」と言われますが、
   私は楽しんでいるのでそういう感じはないんです。楽しい事はとても大事です。

椎名:確かに!
   好きではない事を仕事にしていたら、義務や期限などに追われていて、
   それは苦しい毎日ですし、すぐに疲れてしまいますよね。
   そして、そういう人が今はとても多い気がします。

真子:花は技術だけでは続かないものです。
   技術に加えて、心がある。思いや気持ちがこもって心の交流があるからこそ、
   50年も私たちに関わってくれる人がいるのだと思っています。ただ、花のアレンジの
   仕方だけではないのです。

   そんな風に花で人とふれあい、人の心の助けになる事が素敵だなと思います。

昔を思い返してみると高校の頃どんな思い出がありますか?

椎名:真子学院長の高校の頃の思い出はありますか?

真子:たくさんあって、伝えきれないほどありますが、小さい頃からお花が好きで
   クラスメートからもそういう風に見られていたように思います。

   常にお花と共に生活をしていたので、自然とそれが身について、やがて自然に、
   友だちが「教えて欲しい」と言うようになりました。

   自然にお花が職業になったのです。

   ですから、好きなことを一つ見つけて、徹底的にやってみるのは大事だと思います。

椎名:そうですね。
   今の高校生にもそれは出来るはずですし、ぜひ、やれるような環境を作っていきたいです。
   真子学院長は今の高校に何を求めますか?

真子:花の教育を通して、日本の良い文化を伝えていけたらと思っています。
   私はパリなど海外で花を教える事が多いのですが、日本人が日本の文化をしっかりと
   知っていることはとても大事です。

   私は このような日本と海外の花文化の交流を通して世界のどのような国においても
   マッチするマナコフローラルデザインという独自の世界を確立しました。

   高校生の皆さんにも色々なことをたくさん勉強して頂いて 一生かけて自分のものを
   作り上げて欲しいと思います。

   そういう意味でも 花が役立ったらと思っています。 花は国際語ですから----。

椎名:花の文化を語ったり、
   実践できるのはそれだけでもとても魅力的な人生になりそうですね。
   これからもどうぞ宜しくお願いします!

真子:宜しくお願いします!


1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

町田学習センター

精華学園高等学校 町田学習センターホームページはここをクリック

精華学園高等学校 町田学習センター地域密着レポート

訪問サポート

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:31 最後に更新した日:2011/01/20

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM